コンテンツ補足

特に反響の多いコンテンツの補足

メニューの中でも特に反響の多いコンテンツを補足します!

空撮撮影はメニューの中でも特に問い合わせが多いコンテンツです。やはり空からの撮影はドローンで行える作業の代名詞です、当然と言えば当然ですが、ここでは代表的な撮影の紹介をします。次に販売(ドローン)した機体のメンテナンス、そして意外に多いのが手続や申請・書類のことなど問い合わせがかなり多いと思います。これらはメニューに紹介してますが、さらに補足をさせていただきます。

プロの仕事が際立つのが撮影作業です!

左に一枚の画像があります。この画像は川沿いにドローンが飛んでいるものですが、写っているドローンは撮影をしているのでは無く、輸送をしているドローンです。なら撮影は関係ないじゃんと思われるでしょうが、飛んでいるドローンを上から写しているのですから、もうお解りの通り飛んでいるドローンの上に撮影をしてるドローンがもう一台あります。当然操縦士は2人必要で、一人は輸送する人。もう一人は撮影ドローンを操縦しています。この2台では上空から動画を取るドローンの方が操縦ははるかに難しいです。下のドローンと距離とスピードを一定に保ち水平に飛行させる。
口で言うのは全然難易度がかなり違います。それができるのが当社の強みです。

ネットでもドローンの販売はいくらでもしています。

それでは、あなの購入したドローンはどんなメンテが受けられますか?当社は(株)WINGSの取次代理店をおこなっているので、DJI社と石川エナジーリサーチ社の販売はもちろん、その機体のメンテナンスや修理が可能です。ドローンはいつ壊れるかはわかりません、そんな時に当社では電話1本で直ぐに段取り致します。どんな些細なことでも相談ください。機体のコンディションを維持管理する、お手伝いをさせてください。

複雑な申請書類や手続きのお手伝いをいたします!

左側の画像は無人航空機操縦者技能証明書(見本)です。なぜ画像を出しているか?ドローンの実地から学科を合格し身体検査を受けて手続きを終了して手元に届いたのでは?その間手続きが解らないことや困った時はなかったですか?私が思うに、手続き書類が難しすぎるのです。こう言った手続きを教えてくれたり、手伝ってくれるところがあればと初心者のころ思いました。だったらそんなところを作ろうと考えたのが、このコンテンツです。お気軽にご相談ください。